おすすめマンガ紹介




声なきものの唄〜瀬戸内の女郎小屋〜 (20)

 安武わたる  ぶんか社  ストーリーな女たち  声なきものの唄〜瀬戸内の女郎小屋〜


声なきものの唄〜瀬戸内の女郎小屋〜 (20)

【立ち読み】


明治後期、人身売買の競りにかけられた少女チヌと姉のサヨリ。
チヌは矢津遊郭の「東陽楼」の娼妓となり、大地主・若水公三郎を旦那につけることで二番手娼妓に出世する。
ところがある日、公三郎は「西海楼」の女郎・早みどりに出会う。
過去の想い人である寿子にそっくりな早みどりに夢中になった公三郎は、身請けのため水面下で暗躍。
公三郎を失ったチヌは苦しみつつ、栄太から好意を示され持ち直す。
そんな中、早みどりが身請けを拒否し足抜けする。
早みどりの元夫・利市が公三郎を刺そうとしたのを目撃したチヌは公三郎をかばって重傷をおい、入院してしまう。







作者安武わたる
シリーズ声なきものの唄〜瀬戸内の女郎小屋〜
出版社ぶんか社
掲載紙/レーベルストーリーな女たち
ジャンルレディースコミック
ページ数169ページ

【楽天で読む】
【DMMで読む】


関連記事

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
人気漫画ランキング
あとで見る
アクセスランキング
リンク