おすすめマンガ紹介




少年のアビス 9

 峰浪りょう  集英社  週刊ヤングジャンプ  少年のアビス


少年のアビス 9

【立ち読み】


黒瀬令児(くろせれいじ)は、家族、教師、幼馴染、アイドル、小説家、そしてこの町。
そのすべてに縛られながら’ただ’生きていた。
それでも少年は、雪が降り注ぐ深淵(アビス)から、遠くにぼんやりと見える光のような何かに向かって歩き出す。
少年の生きることに希望はあるのか。
この先に光はあるのか。
’今’を映し出すワールドエンド・ボーイミーツガール、第九章――。







作者峰浪りょう
シリーズ少年のアビス
出版社集英社
掲載紙/レーベル週刊ヤングジャンプ
ジャンル青年コミック
ページ数223ページ

【楽天で読む】
【DMMで読む】


関連記事

[ 2022/06/17 22:18 ] 青年コミック | コメント(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
人気漫画ランキング
あとで見る
アクセスランキング
リンク