おすすめマンガ紹介




わたしは家族がわからない

 やまもとりえ  KADOKAWA  コミックエッセイ  わたしは家族がわからない


わたしは家族がわからない

【立ち読み】


役所勤めの真面目な夫、「普通がいちばん」が口癖のパートの妻、活発な保育園児の娘という3人暮らしの平凡な家庭。
しかしある日、父親はなんの前触れもなく失踪し、1週間後に帰宅する。

それから数年が経ち中学生になった娘は、父親の姿を家から離れた駅で何度も見かけたとクラスメートに聞かされ、不審に思って待ち伏せることに。
大好きだった父が家に帰ってこなかった、幼い頃のおぼろげな記憶。
1週間ぶりに帰宅した夫を問い詰めず、何もなかったことにした母。
過去の記憶と現在の父親の行動には何か関係があるのか。
父は何を隠しているのか。

やがて平穏な生活は崩れ、「普通」だったはずの家族の形が少しずつ変容していく……。


やまもとりえが挑む、「家族のあり方」を揺るがす衝撃のミステリコミックエッセイ!







作者やまもとりえ
シリーズわたしは家族がわからない
出版社KADOKAWA
掲載紙/レーベルコミックエッセイ
ジャンルレディースコミック
ページ数167ページ

【楽天で読む】
【DMMで読む】


関連記事

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
人気漫画ランキング
あとで見る
アクセスランキング
リンク