おすすめマンガ紹介




涙雨とセレナーデ(10)

 河内遙  講談社  Kiss  涙雨とセレナーデ


涙雨とセレナーデ(10)

【立ち読み】


すれ違いを経て、ついに互いの想いを確かめあった陽菜と孝章。
天久座長(ノア)と本郷
財閥の過去を探るため、陽菜は菊之進と共に横浜へ。
阿片に溺れ自暴自棄になったノアは
、過去の真実を菊之進に話す。
孝章の父とオルブライトはかつて人身売買に手を染めてい
たこと、孝章の亡き母・おタカは孝章を産んだ後に一時期オルブライトの愛人となったこ
と、菊之進の姉・早苗は自ら命を絶ったこと――。
そしてノアは邸に火をつけ重症で入院。

巻き込まれて怪我をした菊之進を陽菜が看病することになり、孝章の家で3人の共同生活
が始まる。
菊之進は陽菜に惹かれていることを自覚しながらも、陽菜の気持ちを踏みにじ
りたくないと自らを戒めていた。
陽菜は武虎から聞いた未来へ戻る手段については保留し
、大切に時を過ごす。
その頃、雛子は恋い慕う武虎に家庭教師になってもらい、学ぶこと
に夢中になる。
そんな雛子を愛しく思い始める武虎。
一方、横浜で本郷財閥の裏取引を探
る孝章は、不審な男の影に気づき、「もし俺に何かあった時は陽菜を頼む」と菊之進に告
げる。
そして父と共にいるところを暴漢に襲われるが、一瞬見た暴漢の顔は天久一座の天
進だった。
心配する陽菜と菊之進は変装して孝章の病室にもぐりこむが!?
孝章の父のも
とに届いた脅迫状、義母の思惑、過去の因縁、次第に明らかになる「タイムスリップの謎
」……盛り上がりが加速する、切ないタイムスリップ・ロマンス!







作者河内遙
シリーズ涙雨とセレナーデ
出版社講談社
掲載紙/レーベルKiss
ジャンルレディースコミック
ページ数179ページ

【楽天で読む】
【DMMで読む】


関連記事

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
人気漫画ランキング
あとで見る
アクセスランキング
リンク