おすすめマンガ紹介




なれの果ての僕ら (5)

 内海八重  講談社  週刊少年マガジン  なれの果ての僕ら




【立ち読み】


『骨が腐るまで』内海八重の最新禁断サスペンス!

同窓会のために母校に集まった四ノ塚小学校元6年2組の27人は、そのまま監禁された。
首謀者の名は、夢崎みきお。
目的は「極限状態での善性を試す」こと…。
偽りの同窓会で行われる、’善悪’を暴く背徳の実験。


3日間の監禁劇は多くの死者を出しながら、ふたたびの夜を迎えた。
’最後の実験’の内容は、’王様’を決めること。
メンバー全員を屈服させ、服従させるための、陰湿な装置が与えられた時、その男の’善’は砕けた。
絶対的な権力は、持ち主の心をこそ蝕む。
いつだって、堕落には蜜の味がつきものだから──







作者内海八重
シリーズなれの果ての僕ら
出版社講談社
掲載紙/レーベル週刊少年マガジン
ジャンル少年コミック
ページ数195ページ

【楽天で読む】
【DMMで読む】


関連記事

[ 2021/01/16 20:17 ] 少年コミック | コメント(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
人気漫画ランキング
あとで見る
アクセスランキング
リンク